基本的に保証内容は会社によって異なる

男性

賃貸保証会社とは、賃貸物件をこれから借りようとしている人を保証してくれる会社です。通常賃貸物件を借りる場合、連帯保証人が必要になります。連帯保証人になるのは、物件を借りる人の親せきや親などです。ですが、親せきや親などがいない場合や断られた場合には連帯保証人が空白の状態になってしまうでしょう。この場合には、賃貸物件を借りることができません。そこで、賃貸保証会社を利用することになります。この時、どの範囲まで保証してくれるかは賃貸保証会社の種類によって異なるでしょう。一般的には、家賃の支払いは保証してくれますが、退去するときの原状回復義務に伴う費用は保証してくれないことも少なくありません。そこで、どこまで保証してくれるのかを事前に確認しておくとよいです。

何を準備されるか

賃貸保証会社を利用する場合、一体何を準備したらよいのかわからない人もいるはずです。そこで、準備物にはどのようなものがあるかを理解しておきましょう。まず、審査を受けてその審査に通らなければそもそも賃貸保証会社の保証してくれません。審査に通るためには、最低限書いておかなければいけない書類があります。その一つが、入居申込書です。これは、不動産会社なども手伝ってくれますので特に問題ないでしょう。次に、本人確認ができるものを提出しなければいけません。本人確認ができるものとは、パスポートや健康保険証、自動車の運転免許証などです。これらは、コピーをして提出することになります。これを、不動産会社の方でコピーしてくれますので特に自分で行う必要はないでしょう。ただ、不動産会社の提出を求められているにもかかわらず、忘れてしまうと手続き遅くなります。

申し込み方法はどうか

これから賃貸保証会社に申し込む場合ですが、申し込みは不動産会社を通じて行うことが一般的になります。通常は、賃貸保証会社をつける物件は不動産会社の方でも把握しています。そのため、不動産会社に自分が気に入った物件に保証会社が付いているかを確認しておかなければいけません。もし、審査をした段階で問題なければそのまま申し込みをすることになります。記入する書類も多いですが、提出する書類などもそれぞれ正しく記入しておく必要があります。賃貸保証会社を利用する場合、会社を自由に選ぶことができるか気になる人もいるはずです。一見自分で勝手に賃貸保証会社を選ぶことができそうですが実際には選ぶことができません。たいていは、その物件の大家さんと不動産会社の間で利用する賃貸保証会社があらかじめ決まっています。申し込みは、不動産会社を通じて行うのが基本ですが直接自分で申し込みをしてみてもよいでしょう。

広告募集中