HOME>トピックス>後で困らぬようかかる費用や税金も忘れないようにしよう

売りに出す前にまずここを確認

電卓

収益物件の売却の際には、いざ売りに出そうという行動を起こす前に確認しておきたい事があります。それは自分の持つ収益物件が、そのエリアで必要とされている物件であるかどうかです。物件のニーズは移り変わりが激しいので、さほど必要とされていないうちに売りに出すと長く買い手が付かないことがあります。

かかる費用にはどんなものがあるのか

家の模型と電卓

また、収益物件の売却の際にかかる諸費用を知っておかなければなりません。主な費用は不動産会社に支払う仲介手数料や、不動産会社に査定を依頼した際の交通費などの実費があります。さらに抵当権が設定されている物件の場合には抵当権抹消登記費用が、収益物件の購入にローンを利用し、売却時に残債が残る場合には繰上げ返済事務手数料などがかかります。

税金面もチェックしておこう

その他、収益物件の売却の際に一定の税金がかかります。必ずかかる税金には売買契約時に必要な印紙税、売却で得たお金にかかる消費税などがあります。また、購入した時より高く売れた場合には譲渡所得税もかかります。

情報収集のためのサービスも活用する

収益物件を少しでも高く売るためには、相場を知ることが大事です。一括査定サービスなどを利用すれば大手不動産会社の査定やかかる費用シミュレーションなどが出来るため、必要な情報が一度に手に入れられます。また、収益物件の種類によっては仲介手数料無料サービスを提供してくれる不動産会社もあります。そのようなサービスを見つける事も収益物件売却の際にやっておきたい行動の一つになります。

広告募集中